MGヘイズル発売

2017/09/18
いつの間にか発送されていたと。

祝!MGヘイズル発売。オメデトウ!
スミマセン。自分は買ってないです。
だから頑張ってスクラッチです。

MGヘイズルが発売されたことで
少しモチベーション回復できました。
それに早く完成させないと老眼が・・・。

肩装甲(ヘイズル)
さて前回の更新からは肩装甲だけ。
右端の半透明パーツに苦戦しました。

岬先生のツイート記事を参考にして
治具にアルテコ瞬着で試みるも失敗。
極小サイズ過ぎで剥離時に破損。
瞬着では接着力が強すぎる・・・
・・・・・・・・接着力を弱くする・・・

・・・あっ!と思い出したのが
タミヤ謹製 「光硬化パテ」
このサイズだとこれが一番かも。
やり方は材料を替えただけです。

何はともあれ、面倒な箇所クリア。
次は前腕に進む予定。
本業も苦しいけど、頑張れ自分。

そう、ソラリュウさんのMGヘイズル
足首改修ポイントが素晴らし過ぎる!
足首のクリアランス、難しかったので
素直に感動しました。

スポンサーサイト
comment (0) @ ハイゼンスレイ

環境が大きく変わった時こそ

2017/09/07
随分と放置してしまいました。すみません。
自分でも驚くほど、模型に触れられませんでした。
驚く程に、置かれる環境が変わったのが3月。
何とか踏ん張っている毎日です。

社会的には今までの努力が報われたのでしょうが、
本当の自分はそんな事を望んでいたのかと?
・・・・・・・いや、望んだ結果ではありませんでした。
サラリーマンである以上、仕方ないですね。
ただ我武者羅に頑張った事が認められた事だけ、
それだけは感謝しています。


では、模型の事しか書かないブログ(の筈)なので、
恥ずかしながら「コッソリ再開しました」と更新です。

鎖骨パーツ①
鎖骨部分にのるパーツと背部基部をスクラッチ。
結構簡単そうに見えて、実は複雑な左右反転作業。
小さいパーツに困惑しつつ、何とか基礎終了です。
(右肩パーツに傷が目立つけど気にしない。)

鎖骨パーツ②
ボディに載せると・・・結構イイかも。
(やっぱり傷が隠れる。では、このままでヨシ!)

背部パーツは、1/200ヘイズルキットから流用。
ここも0コンマミリ単位の修正が厳しかった。


また10月から、忙しくなるのが確定してますが、
その一方で、忙しい時こそ、趣味をすべきだと、
この追い詰められた半年間で思い知らされました。
更新するには材料不足な進捗具合となるけれど、
それでも、諦めずに完成を目指そうと思います。


ところで、3Ⅾモデリングはどうしたかといいますと、
仕事終った後、またディスプレイを見続けるのが、
相当厳しく感じてしまい、一旦保留にしています。
またデスクに飾っている「未完成品」を見ていると、
せめてコレらだけでも完成させたくなりました。
(ヘイズル、TR-6、F91くらいは何とかしたい。)

完成させる頃には、きっとプリンタも入手し易い、
手ごろな価格となっているでしょうから。では。
comment (0) @ ハイゼンスレイ

FUSION360って、スケッチ管理が難しくないですか?

2017/02/19
更新途絶が常のaryuです。いつも以上にすみません。
ここ最近は模型以外に集中していました。
日中は仕事の効率と成果を求めた改善案の実践かと思えば
夜間は10数年ぶりにコンシューマーゲームにドップリはまり。

今週、やっと模型方面に戻ってきましたーという状況です。
でも回り道した成果って、案外意外な形で現れるものです。
そう、今まで疑いなく使っていたFUSION360に疑問を持てました

久々にFUSION360を触ってみると、結構基本操作を忘れてて、
スケッチから立体化まで「???」となることしばし。
でも幾つかパーツを作ると思い出しつつ・・・あれ?結構面倒?

そうなんです。何というか、全ての基本となるスケッチの修正が
「非常に面倒」だと感じました。なんじゃコレ?っていう位に。

①スケッチ →②押出し(立体化) →③加工(分割・結合等)
 →繰り返しで幾つかボディ作成・・・
 ・・・ → ①のスケッチを修正 →即、エラー集団発生!!

そうなんです。本人も忘れた頃にスケッチを修正しようとすると、
必ずと言って良い位、タイムライでほかのフューチャーに影響。
超、超、超、超イライラします。どこが影響しているんだ?って。

つまるところ、パーツ単位でスケッチを一括りにしつつ、かつ
他のパーツでスケッチを流用しない事が基本なんでしょうか?
上手く説明出来るほどFUSION360を活用していませんので
無責任な事言えませんが、なんかスケッチの管理が面倒です。

多分自分のタスク管理能力が3Dモデリングにも出てるとか?
リアルに笑えないトコロが・・・何だかなぁ。
という事で、今月のモデグラ特集で勉強し直します(予定)。

TR-1腰周辺①
腰周辺も、Ver.ka的なラインは難しい。
TR-1腰周辺②
そしてデジタルのミラー処理が最高で癖になる。
では、また次回。
comment (0) @ 3D

今年もよろしくお願いします。

2017/01/02
新年あけましておめでとうございます。
今年もお付き合いのほど、よろしくお願いします。

極々少数の閲覧者の為にも、昨年以上を目指さなくては。
そして今年中に、完成しないまでも、「一つくらい」は、
3D出力の実績を残したいです。イヤイヤ本気で。

今現在は、幾つか導入予定機種の調査を進めています。
現時点の候補では、やはりForm2が最有力でしょうか?
Titan2HRは、機械設定音痴の自分には無理そうですし。
で、実はForm2の後継機情報を待っているとかなんとか。

・・・と、年始のご挨拶直後になんなんですが、

「年末年始休暇の時間の少なさとは、一体何故なのか?」

えぇ。全然進んでいません。

休暇に入る前には「年末年始であれもこれも片付く」とか
「これとこれも出来るしラッキー」とか・・・絶対幻想だと思う。
前回の更新から出来たのは、胸部中央と肩関節着手のみ。
休暇の成果としては「惨敗」です。
明日も一応休暇だけど・・・多分進まないと思う。

TR-1胴体②
現在胸部はこんな感じでガワのみ優先です。
Ver.Ka的なデザインでは、肩関節の位置が非常にシビアで、
今は関節を仮置きしているのみです。
本当は腰ブロックまで勧めたかったのですが、無理でした。

TR-1胴体③
前回の更新から、ちょっとだけイメージが変わったかも?
程度の進捗でスミマセン。

3Dモデリングの良い点は、ブログ更新の手間の少なさ?
一々カメラを取り出さずとも、画像をコピペすればいいし、
もう少し頻繁に「自己満足更新が出来るかも?」と思う。

ただし、作業が進めば、ですが・・・。

追伸
最近、他人様のFUSION360作業画像を見る度に、
Shift+マウスホイールしてしまうようになりました。
つまりそれだけ慣れたという事で何よりです。
comment (0) @ 3D

胴体に着手(ヘイズル)

2016/12/25
訳もなく徐々に慌しくなる年末。

自分、例年以上に厳しい年末になりそうです。

さて、そんな本業の面倒な話は置いといて。


ヘイズル(というかガンダムタイプ)の胴体に着手しました。

当初は腰部を作ろうかとも考えたのですが、

もっと手っ取り早く「達成感」が欲しくて胴体を先に進めます。

TR-1胴体①

・・・・・・が、凄く面倒。というかライン取り難し過ぎません?

曲面主体のライン取りほどでは無いにしても、一つ一つの面とラインが

際立って面倒に感じられます。この段階で基準面がががが・・・・・。

この辺の悩みは3Dモデリング技術というよりセンスの問題ですね。


TR-1脚部(裏)

ついでに脚部を下からのぞいてみるとこんな感じ。

脚底の裏側、この辺は逆に3Dモデリングの恩恵を受けてます。

ラインを「チョチョイ」と書いてミラーで反転、押出しで完了。

センスの問題も「足裏はあまり見ないから」と逃げられるしOK。


そうそう、胴体部分の実作業は3日に分けて10時間程度。

このあと胸部中心部を作るのですが、先が思いやられます。

簡単な内骨格もるから、分割・組立のアイデア出しもしないと。

年末までに胴体が完成するかどうか・・・では。





comment (0) @ 3D