スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

FUSION360って、スケッチ管理が難しくないですか?

2017/02/19
更新途絶が常のaryuです。いつも以上にすみません。
ここ最近は模型以外に集中していました。
日中は仕事の効率と成果を求めた改善案の実践かと思えば
夜間は10数年ぶりにコンシューマーゲームにドップリはまり。

今週、やっと模型方面に戻ってきましたーという状況です。
でも回り道した成果って、案外意外な形で現れるものです。
そう、今まで疑いなく使っていたFUSION360に疑問を持てました

久々にFUSION360を触ってみると、結構基本操作を忘れてて、
スケッチから立体化まで「???」となることしばし。
でも幾つかパーツを作ると思い出しつつ・・・あれ?結構面倒?

そうなんです。何というか、全ての基本となるスケッチの修正が
「非常に面倒」だと感じました。なんじゃコレ?っていう位に。

①スケッチ →②押出し(立体化) →③加工(分割・結合等)
 →繰り返しで幾つかボディ作成・・・
 ・・・ → ①のスケッチを修正 →即、エラー集団発生!!

そうなんです。本人も忘れた頃にスケッチを修正しようとすると、
必ずと言って良い位、タイムライでほかのフューチャーに影響。
超、超、超、超イライラします。どこが影響しているんだ?って。

つまるところ、パーツ単位でスケッチを一括りにしつつ、かつ
他のパーツでスケッチを流用しない事が基本なんでしょうか?
上手く説明出来るほどFUSION360を活用していませんので
無責任な事言えませんが、なんかスケッチの管理が面倒です。

多分自分のタスク管理能力が3Dモデリングにも出てるとか?
リアルに笑えないトコロが・・・何だかなぁ。
という事で、今月のモデグラ特集で勉強し直します(予定)。

TR-1腰周辺①
腰周辺も、Ver.ka的なラインは難しい。
TR-1腰周辺②
そしてデジタルのミラー処理が最高で癖になる。
では、また次回。
スポンサーサイト
comment (0) @ 3D

今年もよろしくお願いします。

2017/01/02
新年あけましておめでとうございます。
今年もお付き合いのほど、よろしくお願いします。

極々少数の閲覧者の為にも、昨年以上を目指さなくては。
そして今年中に、完成しないまでも、「一つくらい」は、
3D出力の実績を残したいです。イヤイヤ本気で。

今現在は、幾つか導入予定機種の調査を進めています。
現時点の候補では、やはりForm2が最有力でしょうか?
Titan2HRは、機械設定音痴の自分には無理そうですし。
で、実はForm2の後継機情報を待っているとかなんとか。

・・・と、年始のご挨拶直後になんなんですが、

「年末年始休暇の時間の少なさとは、一体何故なのか?」

えぇ。全然進んでいません。

休暇に入る前には「年末年始であれもこれも片付く」とか
「これとこれも出来るしラッキー」とか・・・絶対幻想だと思う。
前回の更新から出来たのは、胸部中央と肩関節着手のみ。
休暇の成果としては「惨敗」です。
明日も一応休暇だけど・・・多分進まないと思う。

TR-1胴体②
現在胸部はこんな感じでガワのみ優先です。
Ver.Ka的なデザインでは、肩関節の位置が非常にシビアで、
今は関節を仮置きしているのみです。
本当は腰ブロックまで勧めたかったのですが、無理でした。

TR-1胴体③
前回の更新から、ちょっとだけイメージが変わったかも?
程度の進捗でスミマセン。

3Dモデリングの良い点は、ブログ更新の手間の少なさ?
一々カメラを取り出さずとも、画像をコピペすればいいし、
もう少し頻繁に「自己満足更新が出来るかも?」と思う。

ただし、作業が進めば、ですが・・・。

追伸
最近、他人様のFUSION360作業画像を見る度に、
Shift+マウスホイールしてしまうようになりました。
つまりそれだけ慣れたという事で何よりです。
comment (0) @ 3D

胴体に着手(ヘイズル)

2016/12/25
訳もなく徐々に慌しくなる年末。

自分、例年以上に厳しい年末になりそうです。

さて、そんな本業の面倒な話は置いといて。


ヘイズル(というかガンダムタイプ)の胴体に着手しました。

当初は腰部を作ろうかとも考えたのですが、

もっと手っ取り早く「達成感」が欲しくて胴体を先に進めます。

TR-1胴体①

・・・・・・が、凄く面倒。というかライン取り難し過ぎません?

曲面主体のライン取りほどでは無いにしても、一つ一つの面とラインが

際立って面倒に感じられます。この段階で基準面がががが・・・・・。

この辺の悩みは3Dモデリング技術というよりセンスの問題ですね。


TR-1脚部(裏)

ついでに脚部を下からのぞいてみるとこんな感じ。

脚底の裏側、この辺は逆に3Dモデリングの恩恵を受けてます。

ラインを「チョチョイ」と書いてミラーで反転、押出しで完了。

センスの問題も「足裏はあまり見ないから」と逃げられるしOK。


そうそう、胴体部分の実作業は3日に分けて10時間程度。

このあと胸部中心部を作るのですが、先が思いやられます。

簡単な内骨格もるから、分割・組立のアイデア出しもしないと。

年末までに胴体が完成するかどうか・・・では。





comment (0) @ 3D

FUSION360モデリングは「見えて」きた?

2016/12/10
ひと月以上空けての更新となりました。生きてます。
慌しく年末に向けて奮闘中です。

さて、3Dモデリングですが、何とか「ヤマ」を超えました。
モデリングとアセンブリの初級をクリア出来たと思います。

TR-1脚部①
ヘイズルの特徴でもある脚部、何とかまとまりました。
拘りは膝ブロックを細くしつつも大きくしたこと、
後々ヒール追加してもラインが崩れ無いように
最低限の可動範囲を残したことです。
(アドバンスモードはまだまだ当分先ですね。)

TR-1脚部②
片足だけで、最終的に30ボディから成立しています。
多分、いやきっと多いと思われます。

TR-1脚部骨格
勿論、最低限の内部フレームも作らなきゃならず、
可動軸の設定に悪戦苦闘しました。(特に足首)
最終的に「可動範囲<素立ちラインの調整」
と判断した関節構造となりました。
脛下の可動範囲設定など、ヒール化前提ですし。

前回更新から1カ月程度の期間を要しましたが、
モデリングとアセンブリの概念については
最低限理解出来たかな?と思います。
なお制作工程は、大腿→脛→足首と進みましたが、
多分逆から進めば良かったと反省しました。
だって、難易度が低→高→中でしたから。
いきなり脛部分だけで、100を超えるスケッチとか
ハードル設定高過ぎました。
まぁ、お陰様で十分な経験値を得られましたが。

でもブラウザ部分については、未だに???となり
もう少し色々試行錯誤が必要と思います(難しい)。

次は股関節へと進む訳ですが…先は長いですね。
微速ですが、出来る限り踏ん張ってみます。では。
comment (0) @ 3D

早くも機種転換?みたいな。

2016/11/05
暦も11月となり、今年も残り2か月を切りました。
月日が過ぎるのは早すぎると思う。マジで。

さて、ユニバーサルユニットの第2弾が発売されましたが、
いかがでしょ?ズゴックEも同時に送られてきましたが・・・
自分は未だ開封していません。
クスィーもペーネロペーも未開封だったり、もう「積み」です。
あれはきっと、開封しなければ夢が詰まった状態のままだから。
それでも、このまま続いて欲しい商品ラインに変わり無しです。
って、ハミングバードとか、じわじわとEX-Sに近づいてません?
そして恐ろしい価格上昇スピード。本命が出る頃は・・・・・。

さて、特に変わり映えしない模型趣味の近況報告です。
前回の更新から約3週間経ちますが、未だ諦めずに頑張ってます。
一応、当初設定したスキル取得のロードマップを順調に進んでます。
ロードマップ?いや、大したものでは無いのですが、こんな感じです。

① 簡易CADタイプ?の3Dソフトの概念を理解する。
② ①のソフトで納得するまで(80%程度)造形してみる。
③ 出力を見据えて、今後使うソフトを選定する。(←重要)
④ ③で選定した以後付き合うソフトをファレンスを使って理解する。
⑤ ②の造形を、③で決めた今後付き合うソフトでも作ってみる。

と、今現在、⑤のステップまで到達しました。
実はもう少し未来までロードマップを設定しているのですが、
流石に未達成目標を提示するのは恥ずかしい限りなので割愛します。

前回の更新が②の段階で「壁」にぶち当たったところだったりします。 
この「壁」を解消できるソフトを選んでいましたが、諸々の事情から
・・・・・「FUSION360」に落ち着きました。(捻り無くてツマンネ。です)

ソフト選定の最大の条件は「無料」であること!(凄く大事)
次に重視したのが「日本語であること」(英語はニュアンス理解出来ない)
そして技術的な部分で・・・・とにかくFUSION360でOKという事です。
(ミラー、パターン、オフセット、ロフト、傾斜、フォーム、・・・素晴らしい!)
ライノセラスは「高い」という理由から、当初から除外しています。
だってプリンタ購入費用を捻出しなくちゃならないし。

それはそうと、何故最初から「FUSION360」やらなかったの?
となりますよね?こっちの理由は凄く簡単。
「3Dソフトを凄く理解し易い解説書を見つけたから。以上です」
そしてこの経験値が、FUSION360への適応ハードルを下げてくれました。
いきなりFUSION360のリファレンスを始めてもよかったのですが、
ハッキリ言って「興味が湧きにくい」解説書でした。
(解説書全般に言えますかね?取っ付き難い点とか。)

機種転換みたいな?

まだまだぎこちないですが、順当に造形できてます。
そして否が応でも突き付けられる自分の理解力の無さですが、
そこは今は気にせずドンドンとパーツを作り込んでいってます。
だって手元に部品が転がっているから、データ化するだけだし。
(因みに上の画像、スケッチ平面失敗して、直後やり直してます。

という事で、微速ながらも確実に目標に近づいている気がします。
もっと早く努力していれば、ですが、それでもまだ間に合いそう。
年内には、ちょっとした結果が欲しいものです。

では、また次回に。
comment (1) @ 3D
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。