【1/200】 aryu的ミニサイズ考 〔高速戦闘形態〕

2008/08/11
ここずっとミニサイズにメロメロなaryuです。

語弊があるかもしれないけど、最大の理由は「お手軽」であること

面倒なパーツだと思っていても、意外とサクっと進んだり...


実は前回の「脚部」の違和感から、どうも作業に気が乗らない。

「なんか違うかも」といった程度だけど、その感覚にも確証がない...

その「コレジャナイ?」感って、スクラッチする時凄く邪魔なんです。

aryuの作業は凄く遅いし余暇の時間はとても貴重だし・・・

「この作業って無駄になるかも」と思ってしまうと進めなくなる訳で。


そういった気持ちの余裕が無いとき、ミニサイズだと少し楽かも。

作業工程は変わらないけどそれぞれの処理時間が少なくてすむから。


そんな気持ちが乗らない中で進めた成果はコレ

脚部③
まず「ふくらはぎ」と言うべきか「かかと」と言うべきか。

こういったパーツは予想どおりに進むので凄く気持ちが楽です。


次は開始当初「これってカナリ面倒かも?」とか思っていた部分

腰部①
どの部分だか分ります?一応、腰部のアーマー(途中)です

複雑な面構成だと思ってましたけど

「股関節の可動クリアランスの確保以外」は想像以上に楽

もう一度言うけど「股関節の可動クリアランスの確保以外」は...


そうそう、勿論ミニサイズにも面倒な部分って結構あります。

関節仕込みの問題、エッジ出しの問題、デフォルメーションの問題

複製上の技術的な問題、塗装の塗りわけの問題・・・・

つまり、ミニサイズが万人にとって向いてるとかじゃなくて

ただaryuにとって向いてるかもって事でした。
スポンサーサイト
comment (0) @ アドバンスド・ウーンドウォート
【1/200】 ウーンドウォートの股関節って・・・  | 【1/200】 ゴツい脚部① 〔高速戦闘形態〕

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する